男性型脱毛症の原因

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、多くの男性の悩みの種となっています。進行性の症状で髪の毛が抜けやすく、細く薄い毛になるのが特徴で、頭頂部や前髪の生え際、またはその両方から徐々に薄毛が広がっていきます。
30~40代の男性に多く見られる症状ですが、最近では20代や10代後半でも症状が現れることがあり、今やどの年代でも発生しうる問題とされています。
男性型脱毛症の原因は一般的に遺伝や男性ホルモンとされていますが、遺伝については、両親または片親が禿げている場合は可能性があるとされるだけで、何が遺伝となっているのかは解明されていません。
男性ホルモンについては、薄毛が進行する患者の頭部を調べた結果、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが高濃度で見られることから、これが原因であると言われています。
実際に男性型脱毛症は頭頂部と前髪の生え際のみに症状が現れるもので、頭部でDHTが高濃度で発見されるのは同様に頭頂部と前頭部のみとなっています。
この悪性とされるDHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成され、頭皮の毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、毛乳頭細胞に異常を発生させてヘアサイクルを狂わせるようになります。
ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期と3つのサイクルによって周回していますが、正常であれば髪の毛が太く長く伸びる成長期が6年前後、毛が新しく生まれ変わり古い毛が抜ける休止期が4ヶ月とされています。ヘアサイクルが狂うと、成長期が1~2年程度で終了し、休止期が1年前後まで長くなります。この結果、成長期で太く長い毛ができずに細く抜けやすい毛となり、新しい毛が生まれ変わる休止期が進まずに毛が生えてこなくなります。

男性型脱毛症の改善方法

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれることもある症状です。特徴としては頭頂部にOの字に薄毛や脱毛が広がる、あるいは額の両側からMの字を描くように薄毛や脱毛が進行していくと言うもので、早い人では思春期から発症する場合もあります。
男性の薄毛、脱毛と言った頭髪トラブルが発生する原因には、様々なものがあります。
しかし男性型脱毛症に限って言うと、いちばんは男性ホルモンと特定酵素が大きいと言われています。
頭頂部や前頭に多くある受容体に男性ホルモンが結合すると、そこで特定の酵素が分泌されます。
するとその影響を受けると、男性ホルモンは発毛を阻害するような物質へと変換してしまうため、その部分に薄毛や脱毛が発生する、男性型脱毛症が出てきてしまうと言うのがそのメカニズムです。
ですから男性型脱毛症のいちばんの改善方法としては、このメカニズムを抑えるための成分を摂取することが挙げられます。
これにはフィナステリドと呼ばれる成分を含んだ薬が使用されることが多く、このフィナステリドは、もともとは医療現場で前立腺疾患治療のために使用されていた成分です。
ただし副作用の可能性も否定できないので、服用に関しては医師に相談することが求められます。
それから男性型脱毛症に限らず、血行不良も薄毛や脱毛の原因のひとつです。発毛や育毛のためには、毛母細胞が活発に分裂することが必要です。
しかし血行不良が発生すると、毛母細胞に必要な栄養が届きにくくなってしまうため、薄毛や脱毛が発生しやすくなると言うわけです。
ですから血行促進作用があるとされている成分、ミノキシジルを利用するのも改善方法のひとつです。
またできるだけ脂質の少ない食事を心がけ、適度な水分補給を心がけるのも血流促進のためには有効なことです。
その他、頭皮を清潔に保つこと、頭皮の健康のためにしっかりと睡眠時間を取ることも改善方法のひとつです。

男性型脱毛症にいい食事

男性型脱毛症による薄毛は、薬や育毛剤、植毛などの方法で改善することができるといわれています。
しかし、いくら薬を服用したり、植毛をしたとしても、生活習慣が乱れていたりすれば、薬や植毛などの効果を最大限に発揮させることができなくなってしまいます。
そこで、生活習慣の中でも特に食事については、男性型脱毛症にもある程度関係してくるので、通常の治療とともに食事にも気を付けることが大事になってきます。
では、どのような食生活をすればよいのかというと、血流を良くする食べ物を積極的に食べるということがポイントになってきます。
逆に言えば、血流を悪くする食べ物はなるべく控えるということになります。また、髪の毛の成長に必要な栄養素も同時に積極的に摂るようにします。
栄養素としては、タンパク質、ミネラル、ビタミンB群、亜鉛などの栄養素が必要になってきます。タンパク質やミネラルに関しては、毛髪の健康状態を保つために必要な栄養素です。
毛髪はケラチンというタンパク質で形成されていますし、そのケラチンの合成をミネラルがサポートしているので、毛髪の成長には不可欠です。
ビタミンB群については、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制しますし、細胞の新陳代謝も促すので、毛髪の成長を促すことができます。
特に、頭皮が脂性になっている人は、摂取することが大事になってくる栄養素です。亜鉛については、毛髪のもととなるケラチンの合成に必要な栄養素です。
もし、亜鉛が不足してしまうと、髪の毛の合成ができず、抜け毛が増える恐れがあります。
これらの栄養素をバランスよく摂取すれば、完全に男性型脱毛症を予防することはできませんが、毛髪によい影響を与えることができますし、治療の効果も最大限に引き出すことができます。

■男性型脱毛症の改善はまず頭皮を清潔にすることから
イトラコナゾール
■男性型脱毛症の薄毛を強力に治療
フィンペシアの通販
■薄毛は毎日進行しています、早期治療や早期対策を
AGA治療